キッズヨガ


ベビーヨガセラピーベビーヨガ キッズヨガ赤ちゃんのやわらか抱き方講座ロディヨガ

キッズヨガ

 

キッズヨガ
対象:1歳半〜3歳 リトルキッズ/3〜6歳 エルダーキッズ

遊びを通して学ぶヨガのプログラム。子どもの発達を促し、ボディセンスを高めます。ヨガの哲学にもとづき、ジャッジしない・比べない、子どもたちの自主性を尊重し、子どもの個性を伸ばすヨガプログラムです。

kaisya_2

BY2086

リトルキッズ(1.5歳〜3歳)

立位・歩行をはじめとする自律的な運動を行う頃になると、発達に伴い起こるひずみが目立つようになってきます。
丁寧に体をほぐして、コアを鍛える原始的な動きを遊びの中で練習します。親子のボディセンスを高め、よい身体の使い方の基礎を学ぶクラスになります。親子でできるヨガやボディーワークを子どもと一緒に遊びながら行うことで、子どもは自分の体をつかって表現したり遊ぶことを楽しめるようになっていきます。

BY1428

エルダーキッズ(3歳〜6歳)

他の子どもとの関わりや遊びを協調した遊びを楽しめるようになってくる年齢です。手遊びや歌を取り入れて、手や足の指先まで意識をさせることは子どもの脳の発達にもよい影響を与えます。単に運動能力を高めるだけではなく、子どもの社会性を育み、ヨガの思想に基き、その子らしさを大切にした道徳教育を行います。体で感じる重力の変化や目で見る世界の変化は、空間把握能力を高め、子どもの創造力を引き出すことにつながっていきます。

02_kids_01

ジュニア(6歳〜12歳)

学童期に入ると、子どもたちは誰かと比べて評価されることが多くなってきます。ジュニアヨガでは、子どもの自尊感情を育み、自分自身を大切に思う心と、他者への思いやりの精神を育みます。自分の体を感じることと、相手の体を感じること、ふれることから共感性が生まれます。
心と体は決して切り離すことのできないひとつのもの。子供達の心をすこやかに保つためには、子どもの身体を大切に扱うことを教えていくことが必要です。


ロディヨガ

ロディヨガ(登録商標)
対象:3歳〜12歳までの子ども

発達中の子どもたちのからだをロディが優しくサポートしながら、運動神経、バランス感覚、こころと知性の健やかな発育を促します。様々なメディアからも大注目されているイタリア生まれの乗用玩具のロディを使った親子ヨガ。

2

RODYは、今から約30年前、バランスボールの元祖・イタリアのレードラプラスティック社で 開発された、馬をモチーフにした乗用玩具で、耐荷重は200kgと非常に強靭な素材、子供が安全に使用 できる形状の、「乗るだけで、遊びながらバランス感覚や運動 神経を養うことができる」非常に優れたバランスボール。
まっすぐに飛ぶ事だけでも実は無意識に「重心を保つ」働きが 行われており、ロディヨガで正しい姿勢が整っていくのです。

子供は大人に比べて手足の長さが短いので、従来もキッズヨガにはプロップ(専用補助具)が不可欠でした。例えばヨガのポーズの一つ、「ダウンドッグ」を行った場合、子供の体では、手を伸ばすと同時に頭も床にくっついてしまいます。写真のようにロディに手を乗せてダウンドッグのポーズを取らせると、ヨガ本来のポーズに近づきます。愛らしいデザインとカラーは、子供だけでなく大人 までも虜にし、ヨガレッスンに取り組むモチベーション、集中力を維持することができます。

RODY YOGA-ロディヨガ-は、レードラプラスティック社(イタリア)及び株式会社ギムニクとの契約により「ロディ」にまつわるライセンスビジネスを日本で展開する株式会社JAMMY様のご協力の元、株式会社ベビーヨガアソシエイトで「RODY YOGA」を展開しております。

詳しくはロディヨガのサイトへ 

おうちで

動画で学ぶベビーヨガはこちら

上記リンクよりムービーをみながら、今すぐにベビーヨガが体験できます。大切なことは、毎日の暮らしの中で赤ちゃんの体を感じ、ふれて、あたたかなふれあいのセルフケアを続けること。
わからないことは、こちらからお近くのお教室を探して、先生のもとで学んでみてください。

 


クラスに参加してみませんか?

top_BYA講師

プログラムを実際にやってみたいという方は、上記リンクから、弊社認定講師を探してみてください!
きっとあなたの住む街にも、素敵な先生が待っています。

03_head

先生になってみたいという方は、講師養成プログラムについて[先生になる]ページをご覧ください。

アーカイブ

ページ上部へ戻る
 
株式会社ベビーヨガアソシエイトベビーヨガセラピー・ベビーヨガ赤ちゃんの抱き方ロディヨガ骨盤調整ヨガ産前産後マタニティヨガシニアヨガ
会社概要利用規約サイトマッププライバシーポリシーお問合せ